Rankseeker

交通事故について


山田プロと私のブログを見ていただき心配されてる皆様が状況を把握出来ない方も沢山いらっしゃると思いますので、先日のフェイスブックの投稿をコピーさせていただきました

悲しい出来事がありまして、この内容を皆様に伝えるかどうか悩みましたが、しっかり会社と話し合い皆様を不安な気持ちをさせまいと公表する事にしました。

山田プロや私のスケジュールには沢山チャレンジや承認大会やトーナメントがあり、その中で期待して下さるファンの皆様の期待や応援など理解しているつもりで私も山田も居ます。
その気持ちがあるからファンの皆様には不安な気持ちにさせたくないので隠さず伝えます。

それでは、長くなるかもしれませんが最後まで読んで頂けたら嬉しいです。

11月12日
私と山田は、京都エミナース様でチャレンジマッチのため一緒に行きました。
チャレンジマッチが終わり
23時02分
京都エミナース様を出て止まった交差点
僕達は赤信号で止まっていて
停止線から3番目でした。
すると運転席にいた山田が、キャーと叫んだのです。
その後、一瞬時間は止まりました...
凄いスピードで車が後ろからぶつかり、僕達はかなりの衝撃で、山田は頭を強く打ちシートベルトに強くおさえられ、私もかなりの衝撃はありましたが、山田を守らなくてはと2人で車を降りて頭をおさえて動揺している山田の安全を確保しながら、やらなくてはいけない事(警察や救急車の手配や会社や家族への連絡など)を行いました。
ぶつかった相手はおそらく100キロ以上出てましたバックミラーから来る車を山田は見てすごく怖かったし死ぬと思ったと思います。
私も山田も間違いなくシートベルトをしてなかったら死んでたと思います。
幸い2人とも、救急車に運ばれ検査した結果、現状脳などに異常はありませんが、強くむち打ちしていて今後の経過を見ていく状況です。
山田に関しては私より状態はひどく本当に心配です。
山田も私もいつになるか正確には分かりませんが現状投球出来る状態ではありません...
チャレンジマッチやトーナメントや承認大会を期待して楽しみにしていただいてるファンの皆様をはじめ沢山の方にご迷惑をおかけしていると思います...
皆様と一緒に投げれない悔しさや寂しさ、プロボウラーとして残りのトーナメントに出場出来るのかどうか分からない不安な気持ちと今からの体の痛みなどへの不安、プロチャレンジマッチを開催して頂けるにも関わらずこのような事でプロチャレンジマッチを投球できない事で開催センター様にも本当に申し訳なく思います...

応援して下さる皆様の為にも絶対に2人とも早い段階で復活してみせますので、どうかこの現状をご理解いただき、経過を見守って頂ければ嬉しいです。
そして、また皆様と一緒に投球出来る日を楽しみにし、今は治療と回復に専念したいと思いますので、復活した時にはまた和田秀和・山田幸をよろしくお願い致します。

長文になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。